借金原因が問われないのは任意整理?

借金原因が問われるのは、法的な債務整理で自己破産を選択したときですから、借金原因がギャンブルであったとしても任意整理に於いては問われるものではありません。

 

破綻時に借金の原因をまじまじと見つめ直し、反省するべき点があったなら今後に生かしていくべきですが、困ったことにギャンブルが原因でできた借金については、反省すべきはギャンブルみたいなものに本気で人生の逆転を夢見た自分の心に原因があるはずなのに、「運が悪かった・・・」「勝利法っをもっと勉強すべき・・・」とか、負けのリスクがあることに手を出している自分自身は、それほど悪くないと考えているところに呆れます。

 

ですが、任意整理で解決つけれるものは、一旦は解決つきますが、そのうち収入に余裕ができてくるようになると、また手を出してしまうようになるのです。そして、また借りやすい街金やヤミ金にまで当たり前のようにお世話になって、高金利というだけでも返済が困難であるはずなのに、その分をギャンブルで勝利して返済しようとするのですから、結末は見えているはずなのですが・・・

 

しかし、これが債務整理ギャンブルでも、自己破産ともなれば事情は違ってきますので、裁判所の判決によってはギャンブルが原因の借金では、免責が不許可になることもありますから、最後の砦に破産でもすればと考えていたものが、ここでは通用しなくなるわけですから、破産もできないということになります。

 

しかし、ヤミ金の場合は破産されることぐらい想定してお金をかしていますから、いずれにしてもヤミ金の取り立てから逃れるのも難しい対応のところも中にはありますので、こうしたトラブルに対応できるようになったのが警察です。

 

ヤミ金の脅し文句が怖くて、相談もできない人もいますから、怖がる必要はありませんので、遠慮なく所轄の警察に相談しましょう。

石油輸出国機構(OPEC)は、今日の生産を削減するだろうか?

ドラギECBは行動のための高すぎる期待を設定します

ボブのあなたの叔父 – バッツフォードは空高い期待の薄い市場の古典的な組み合わせことに注意エリオットを、強調しました。代わりに、ソブリン債券市場によって価格でさらに20ベーシスポイントをキーECB率がダウンするの、ドラギは負の30ベーシス・ポイントにわずか10によって調整されています。ユーロ圏経済が回復して、そのインフレ率が2パーセントターゲットに戻って移動することを示唆している作品でスパナを置くドイツのイェンス・ウェイドマンの投機センター。ボーマンがこの市場を過剰eggingドラギのケースがあった、とECBフォワードガイダンスが高すぎる期待になってしまったため、市場は失望したと付け加えました。

米国NFPは12月に連邦機関の金利のハイキングを確認するには?

ボーマンは、米国の金利引き上げは、米国経済がその強さを決定するために、金利の小さなハイキングでストレステスト済みであることが必要で、世界的に重要であることを説明しました。彼は例外的な数は、レートのペースが2016に上昇以上の質問を作成することができながら、理想的な世界では低すぎる人物として、ゴルディロックスの数になります本日発表NFPの図は、12月ハイキングに圧力をかける可能性があることを続けました。

連邦リフトオフECBの後に完了した取引

バッツフォードは、ECBがEUR / USDでスパイクを発生させた期待を、アンダーシュートすることを表明し、FXストリート、上に移動し、彼らは石油輸出国機構(OPEC)は、将来のためのオイルの出力で可能なカットを示唆している場合、この回復が継続することができることを続けました。

インデックス見通し

バッツフォードはS&P 500は、熱意の継続的な欠如を示す、2100の抵抗を発見し、2000以下の逆転は1870年に主要なサポートのテストを警告だろう。彼は上方ブレイクアウトが今にくく見えますが、新鮮な事前に信号を送ると付け加えたとコメント2400。

ドイツのDAXの面では、彼はおそらくに関しては、それは11000で、新しいサポートレベルをテストするために遡っていると考えられ、これは一方12400.の別のテストを確認するだろう、11000以下の反転は、10000の別のテストを警告うそれはそうです。

FTSE 100の上に、さらに技術的な分析を見るためにビデオを見て、ナスダック100、上海総合、日経22とVIX。

EUR / GBPは0.7026のサポートをテスト

感情はリスクオフのままとしてドルの損失は控えめな滞在します

金曜日に、データが予想よりもほとんどが少し弱く、混合しました。EMUの第3四半期の成長率は0.3%Q / Q(0.4%が予想される)で報告されました。米国小売売上高とPPIはまた期待を逃しました。ヨーロッパでは米国で株式を圧力下にあったが、ドルへの影響は、簡単ではありませんでした。市場は明らかにデータがECBとFRBのの評価を変更しないと結論付けました。EUR / USDは1.0814から1.0773でセッションを閉じました。ドル/円は、前日から変わらず、122.61で一日を終えました。

一晩、アジア株は、中程度の損失で主に取引します。パリの攻撃はおそらくいくつかの追加的な投資家の注意を引き起こしました。しかし、価格行動は。金曜日の米国の貧困層のリスクセンチメントのために最初の場所である可能性があり今朝、日本の第3四半期の国内総生産は、わずか0.1%のコンセンサスよりも若干弱い-0.2%のQ / Q、で報告されました収縮。投資および在庫は非難していました。Q2の成長はまた、(-0.2%Q / Q)は陰性であったとしてレポートには、技術的に不況で日本をもたらします。市場のGDPデータの直接的な影響は限定的です。日本株の損失は、地域の他の部分よりも少しでも低くなっています。同時に、円は世界的なリスクオフ地合いにもよく、またによるパリ攻撃にやや強め。USD / JPYは122.40の領域に手を変えています。EUR / USD今朝簡潔に1.07を下回ったが、1.0725の領域に再び現在取引されています。金曜日に、IMFのスタッフは、元は自由に利用可能であり、かつ国際取引のために広く使用されているの基準を満たしていることを結論付けました。文が公然と国際通貨基金(IMF)チーフクリスティーヌ・ラガルドによって承認されました。評価は、人民元が準備通貨としてのIMFのSDRバスケットに含まれるようにするための道を開きます。

その後今日、エコカレンダーは薄いです。ヨーロッパでは、最終的なEMU CPIは公開されます。見出しの数字のための若干の下方修正は、(コンセンサスの0.1%M / Mおよび0.0%のQQで)を期待されています。コアインフレ率は1.0%で安定して期待されています。下の図は、ユーロのために若干のマイナスであるかもしれません。米国では、帝国製造業指数は-6.35から-11.36に改善することが期待されています。いくつかのECBのメンバーは今日も話すだろう。私たちは、影響は限定的で、短命であることを期待しています。後期、完全なリスクオフ地合いは主にドルのために否定的だったが、米国の通貨にマイナスの影響は、多くの場合、中程度、実際に一貫性がありませんでした。日々の観点では、リスクオフの感情はUSD / JPYに少し重みを期待しています。ユーロ/米ドルのための絵はあまり明確ではありません。私たちは、ペアの上側は厳しいままであることを前提としています。緩やかな減少傾向の継続は可能性があります。

より広い視野では、短期金利差がドル。の賛成で広がっ EUR / USD 1.0809のサポートを下回ったと低1.0715 REAで複数のトップ形成(ネックライン1.1087 / 1.1105)の目標を達成しました。連邦、まだ場所で、ECB間の政策の相違により、我々は、米ドルの上昇に対して行はありません。しかし、かなりのニュース(金利)は既に割り引かれます。そのため、米ドルのラリーのペースが遅くなることがあります。EUR / USD(1.0521 / 1.0458エリア)でのポストECBのQEの安値は、チャート上の明白な標的です。私たちは、EUR / USDの売り上upticks戦略サイクル安値の再検査のために維持します。ドル/円は、125.28 / 86エリアのサイクルトップはレーダーに来たが、テストブレークが難しい短期的に見えます。
EUR / GBPは0.7026のサポートをテスト

金曜日に、唯一の2段目のイギリスのエコデータがありました。9月の建設出力は、コンセンサスを下回っていたが、取引に与える影響はありません。ケーブル..ヨーロッパの午前のセッションでは低い1.52の領域に横に推移ペアは、米国のデータ(一時的な弱さ)が、動きはすぐに逆転された午前中の後に簡単に高いスパイク。かなりの程度までEUR / GBPは再びユーロ/米ドルの価格パターンを追跡しました。EUR / GBPは(0.7099から木曜日に)0.7066でセッションを閉じました。

今朝は、英国の11月Rightmoveの住宅価格は 1.3%のM / Mは、最大6.2%Y / Yであることを拒否しました。報告書は、スターリング取引には大きな影響を与えませんでした。ただし、セッションの開始時にグローバルユーロの弱さも0.7026区域のテストのためのEUR / GBPを押しました。その後今日、大切な英国のエコデータはありません。グローバルドルの感情はスターリング取引のためのキードライバーのままになります。リスクオフ地合いはドルのために若干のマイナスかもしれませんが、ユーロ、英ポンドに対する米国の通貨の欠点は、おそらく制限されます。私たちはEUR / GBPの最近の安値に近い保持するために期待しています。

より広範な絵を見ると、ECBのソフトスタンスは長年の横の範囲で再び下EUR / GBPを押しました。ペアは0.7196のサポートをテストし、レベルが本当に「FOMCの発表後壊れていました。再試験は、ソフト英中銀インフレ報告後に発生したが、テストが拒否されました。私達はEUR / GBPのための販売・オン・upticksアプローチを維持しています。

1.0719の間の狭いレンジで取引通貨ペア

私たちの最新の毎日のFXレポートへようこそ。昨日は、ルフトハンザが原因同社史上最大のストライキに約1,000便をキャンセルを余儀なくされました。ルフトハンザのキャビンスタッフが金曜日の年金論争週間以上にわたるストライキに乗り出しました。航空会社が損傷ストライキを終了する入札で、昨日の夜にその提案を改善しました。同社は、全体的なオファーが6%の賃上げと同等であったことを声明で述べています。すべてのルフトハンザの接続の三分の一の周りに撚り113,000人の乗客を残して、接地されました。便はフランクフルト、デュッセルドルフ、ミュンヘンでの三つの主要なハブ空港から出発するように設定されました。労働組合とルフトハンザの経営陣は、これまでの賃​​金と年金のパッケージに関する合意、論争の中心にある問題を達することができませんでした。

とにかく、我々は成功した取引日あなたを望みます!
市場レビュー – 基本的な視点

通貨トレーダーは、潜在的に、それは12月に次満たしたときに金利の引き上げを承認するのに十分な余裕を連邦準備制度を提供している先週報告活発な米国の雇用に反応し続けたとして、EUR / USDは、静かな取引の中で、月曜日にわずかにバウンス。セッションで0.0010または0.09%まで、1.075でのセトリングする前に1.0719と1.0790の間の狭いレンジで取引通貨ペア。先週の金曜日、最強の毎月の米雇用以下の対ドル六ヶ月の低速に1.25%以上によってクラッシュしたユーロは、ほぼ年に報告しています。ユーロは過去6セッション4で、そのアメリカのカウンターパートに対して引けました。取引の先月にわたって、ユーロは対ドルでほぼ5%ダウンしています。過去数ヶ月の間、Yellenは、ほぼ十年で初めての短期金利を引き上げるかどうかを量るよう連邦公開市場委員会は、データ駆動型のアプローチを採用することを示しています。議会証言の最後の週に、YellenはFRBが経済や労働市場の継続的な改善を見た場合、12月の金利のハイキングは、テーブルの上になることを指摘しました。投資家は、それが月15-16上の次満たしたときにFOMCが四分の一ポイント利上げを承認するかどうかについての追加の手がかりを求めて米国の小売売上高、生産者価格と消費者心理上のデータのリリース後にこの週を待っています。商品市場では、金先物は少し金曜日に3ヶ月の低速にスライドした後、$ 1,088.10オンスで変更されました。12月配信のためのウエスト・テキサス・インターミディエ原油は、グローバルなサプライ過剰にわたる継続的な懸念の中で、ニューヨークで$ 43.87バレルに1パーセントの下落、四日のために転落しました。
デイリーテクニカル分析

EUREX.FGBL(デイリー)

先週の金曜日外灘の未来がリリースされ、優れた米国の雇用統計の結果として5ヶ月前に開始強気トレンドラインを失いました。さて、上記のシンボルが失われた抵抗(T1)を回収しようとすると、プルバックを行っています。それは最終的にそれをしない場合、我々は偽のように休憩を検討しますが、そうでなければ、我々は153.50と152.60で目標に追加滴のために準備する必要があります。

37img

EUREX.FGBL

サポート&レジスタンス(毎日)

周りのサポート・レベル 周りの抵抗レベル
154.80 156.50
153.50 N / A
152.60 N / A

GBP / JPY(週間)

技術的には、GBPJPYはすべての時間枠で強気で、価格は148.30と189.75、それらのどちらも非常に強い抵抗の周りをターゲットに、メイントレンドライン(T1)を上回ったままとして、それは限り継続されます。以下では、180.40と175.50が検討取るために最も近い支持体であるT1が失われています。

38img

GBPJPY

結婚相手の普段の行動調査しないことには落ち着かない

結婚するかも知れない相手のことはいいところしか見ていないし、本人もそうしていると思うので、普段の素顔を確認してからでないと結婚後に苦労したくないですから・・・

だれしも知り合ってから結婚するまではいいカッコしてあまりよくない自分にとって都合の悪いことなど見せたがらないのが普通でしょうし、こっちからするとそんなにいいカッコまでしなくてもいいのに・・・って思うけど・・・

普段着のままのほうがこっちも警戒心が無くなるのに・・・

なんか隠しているような感じがするのはとても気持ちが悪いことだし、まだ結婚話にはなっていないけど、このまま行けばやがてプロポーズぐらいされるのは時間の問題だし、そのことを想定するなら今から結婚前の身元調査ぐらいしておいた方がスッキリするし、何事も問題なしなら安心して結婚できるので、関連した情報サイト結婚身元調査|結婚前調査ニュースガイド見たらHAL探偵社ってところがよさそうなので来週お母さんに相談してから問い合わせてみようと思っています。

まぁ、結婚話にはならないかもしれないですが、相手の身元やお家柄などちゃんと調べておいてからなら、彼氏もいくらいいカッコしても、こっちに素性がばれているわけだから普段着のままで付き合うようすればお互いが楽だと思うのですが・・・

 

わたしは10年前探偵になりたくて、この道を目指して頑張ってきましたが、この度結婚を機に引退しました。きっかけは学生時代に付き合っていた彼と結婚することになっていたんですが、結婚直前に彼の浮気が発覚してしまい、破談となったのです。

 

 

それがきっかけになり探偵になることを決心したんです。それから、東京の探偵学校を経て、大阪のある調査事務所に女探偵スタッフとして日夜頑張ってきました。確かにこの仕事をしているといろいろなことがありましたが、一つ言えることは、浮気をする人は完全に怪しい素行に変貌していくということです。

 

そして必ず、言動や態度から見破ることができるのですが、問い質して本人の自白がなければ、証拠を掴まなければどうにもならないということです・・・